%e5%9f%ba%e7%a4%8e5

 

トレンドブログの本質へと迫って参ります。

 

今回はキーワード選定について基本的な理解をしておきましょう。

 

トレンドブログにアクセスを集めるには、どんなキーワードを選びがすべてとも言えます。ただの趣味の日記ブログと本質的に違うこと、アクセス数=収益が直結する関係であることなど、基本的な理解を深めていただきたいので、しっかりと読んでくださいね。

 

キーワード選定・選びが大事な理由

トレンドアフィリエイトというビジネスは検索結果に自分のトレンドブログを上位表示させ、たくさんのアクセスを集めることにより、ブログ内に散りばめられた広告のリンクを踏んで購入された商品の広告報酬を得るというビジネスモデルです。

 

検索結果から自分のブログにアクセスを集めるには、どのようにすれば良いいのでしょうか?

 

まずは、大前提としてあなたのブログが検索結果に表示できる準備が整っていなければなりません。準備が整った状態のことを検索結果にインデックスされると言い表します。例えて言えば、図書館の棚にあなたの本を設置するだけでなく、図書館のシステムに登録済でいつでも貸出OKの状態であるということです。

 

検索結果に表示されなければ、アクセスすることは不可能ですよね。まず検索エンジンにあなたの記事を認知してもらうことが大前提なのです。

 

次に検索結果の順位について。もしもあなたのブログの検索結果が何百位ぐらい、Gooooooooooooooogleの12番めくらいだとしましょう。いったい何人が根気よくページをめくってあなたのブログを開いてくれるでしょうか?

 

まるで辺境の天空都市に住んでいるようなものです。訪れる人はごくまれであることはよういに想像できますよね?

 

検索結果の上位表示ですが、当ブログでは検索1ページ目、10位以内の表示を上位と表現します。これは実際に月に10万円ラインの収益を上げるためには、何本かの10位以内の記事で到達する可能性が高く、検索結果2ページ目にあたる10位~20位の順位ブログ記事の報酬とは雲泥の差があるためです。

 

クリック率と検索順位の関係性

Googleの示すデータに大変興味深いものがあります。

 

一般的に、検索結果は2ページまでしか見てもらえず、2ページまで見ても必要な結果がない場合、ユーザーは検索キーワードを変えて再度検索してしまうため、検索結果ページの2ページ(20位)までに掲載されないといけない。

 

The Value of Google Result Positioning によると、ユーザーの94.75%が検索結果の上位10位(1ページ目)のページをクリックし、2ページ目(11位から20位)をクリックするユーザーは、5.25%にすぎない。

 

10位(1ページ目)と11位(2ページ目)の間には2.4倍のクリック率の差がある。1位は34.5%、つまり3人に1人以上がクリックする。これは2位(16.95%)の倍以上であり、上位3位までで62.73%を占めている。

 

いかがでしょう。これらの報告は検索エンジンのGoogleが公表しているものです。10位以内の上位表示ではまだまだ弱く、3位以内に入らなければたくさんのアクセスを集めることは難しいということなのです。

 

厳しい現実を突き付けてしまいましたが、それでもトレンドアフィリエイトで実際に収益を上げている人もいます。私がサポートしている初心者も初収益をあげています。あなたにだってできるはずです。

 

紹介したような検索の傾向とユーザーの行動心理は、トレンドアフィリエイトで稼ぐためには知っておいて当然の前提条件ですが、何も気負いすることはありません。正しい手順と正しい基本の理解、じっくりと進めていく忍耐力があれば必ず結果はついてきます。

 

その方法をお伝えするのが、このサイト解説というわけですね。

トレンドアフィリエイトのキーワード選定のやり方・始め方

さて、トレンドブログで1日に数万件といったアクセスの大爆発を呼びこむには、検索結果のかなり上位に表示させなくてはならないということが判りました。そしてそれを可能にする鍵(キー)がその名の通りキーワードであり、その選び方こそトレンドブログの核心なのでしたね。

 

あなたのトレンドブログを検索エンジンに認知してもらい、インデックスされた状態にするのはGoogleのクローラーと呼ばれるロボットプログラムです。このクローラーは検索エンジン上を巡回し、ブログやサイトのタイトル、そのサイトの中身、記事の本文などを読み取り、どんな内容のページで、ユーザーに取って有益かどうかを判断しています。

 

つまり、このクローラーに有益であると判断させることで、上位表示させ安くなるのです。具体的には記事タイトルに検索キーワードが含まれているか、本文にもキーワードが散りばめられているかといった具合です。

 

あなたがネット上を検索して調べ物をするしましょう、〇〇の△△を□□する方法といったように、求める答えの場所がある程度わかっている場合のとき「〇〇 △△ □□」と検索窓に打ち込みませんか?この○○、△△、□□がタイトルにも記事本文にも含まれているサイトがあれば、クローラーは読者にとって有益な情報と判断して上位表示しやすくなるのです。

 

そしてこの「〇〇、△△、□□」といった、より多くのユーザーが答えを得るために入力するであろう検索キーワード選びをすることがなによりも大切なのです。

 

ニュース記事のジャンル、その話題の方向性によっては多くのユーザーが選びやすいキーワードの傾向があります。すでにネット上にその答えが落ちているというケースも有ります。

 

キーワード選定には、場数を踏まないと身につかない感覚的なスキルも必要です。しっかりと時間を掛けて、なぜそのキーワードを選んだかを理論的に説明できるくらいまで頑張ってください。

 

一度身に着けると、予測してキーワードを作り出す方法や、ネット上に落ちているキーワードを効率的に組み合わせる方法など、戦術も多種多様の広がりを持たせることができます。これらはネタ元の記事によって若干の違いなどありますので、その都度経験と慣れで身に着けていくことが重要となるのです。

 

 

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%82%e3%81%8f%e3%81%98%e3%80%80%e6%96%b0%e5%9f%ba%e7%a4%8e