%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e6%80%9d%e8%80%833

 

トレンドアフィリエイトを頑張っているのに高収入が得られない!最近こういう人が多いと聞きます。一体なぜなのでしょうか?探っていくと案外原因は見つかりやすいものです。

今回は「これを意識すればトレンドアフィリエイトで稼げないという悩みから抜け出せる」というポイントを3つ挙げます。

 

トレンドアフィリエイトで稼げない理由と原因

トレンドアフィリエイトの特徴の一つが「初めての人でも稼げる」というものなのですが、必ずしも初心者全員に当てはまる訳ではなさそうです。

 

同じように取り組んでも高い収入を得ている人はどんどん儲かっていますし、そうでない人は儲からずいつも悩んでいます。何が原因でこのような違いが出るのか?低収入の人は何を改善すればいいのか?見ていきましょう。

 

気分によって仕事量が変わる

まずは日によって作業時間や更新する記事数が変わるというケースについて。トレンドアフィリエイトをする上で意識したいのが、「ある程度までサイトを強くしないとアクセス数は増えない」ということです。アクセスがないと広告で収入を得ているクリック型では報酬は伸び悩み、高収入は見込めません。

 

その日の気分によって更新をやったりやらなかったりするとアクセスを遠ざけてしまい、「トレンドアフィリエイトは儲からない」と思い込んで途中でギブアップすることになってしまいます。そもそもネットビジネスはれっきとしたビジネスであるということをしっかりと認識しなければなりません。

 

普段の職場で、日によってやる気が全然違ったら上司に怒られるでしょう。トレンドアフィリも同じで職場と同じ感覚で取り組むべきです。トレンドアフィリエイトをする人は年々増えており、今後競争が激しくなりますので安易な気持ちで始めるとアッという間に置いて行かれます。気持ちを安定させられたら収入も自然に安定してきます。

 

役に立つ記事を書けていない

時々見かけるのが、「記事更新をする」「作業をする」ことにばかり気を取られて、誰のために記事を書いているのか分からなくなってしまっているというケースです。確かに記事を更新しないとサイトが成り立ちませんし、アクセス数も伸びません。そうするとプレッシャーも出てきて、周りが見えなくなってきます。

 

だんだん「自分のために」記事を書いているような感じになってしまいます。これでは読み手から「何が言いたいのかわからないし、興味もわかない」などと批判を浴びることになりかねません。

 

タイトルにキーワードをいっぱい並べても、「高畑裕太が事件?逮捕?高畑淳子は?24時間テレビは?」みたいなタイトルでは、クリックしてもらえませんよね?Googleのアルゴリズムに弾かれて検索エンジンにもかからなくなってしまします。読み手のための記事であることを常に意識し、タイトルや内容を魅力的なものにする。

 

また、自分のサイト内でも役立つ記事を引っ張ってくる。常にユーザーを意識しながら書くからこそユーザーに受け入れてもらえ、高収入を得られるサイトになっていきます。「人の役に立つサイトを作る」。それこそが一番手っ取り早い方法なのです。

 

平均にとらわれず、自分のペースを守る

3つ目は「平均にとらわれる」という人についてです。これも案外多いですね。「1日1記事」や「作業時間は2時間」と書いてあったらその言葉をうのみにしてその通りに進めていくという、平均値を基準にしようとする人がいます。

 

最初にも言いましたが、ネットビジネスはあくまでもビジネスです。周りに合わせる必要はなく、むしろ自分のペースを守ることが大切です。例えば、期間が「半年」と書いてあっても2、3か月で終わらせてもいいですし、文字数も指定された数以上を書いても問題ありません。自分のオリジナリティを大切にする人はどの分野でもたいがい成功しています。

 

平均程度で満足してしまうと自分を伸ばせなくなります。周りよりも儲けたいのなら、他人がしていないことに取り組むべきではないでしょうか。要は、自分のやり方を確立することが大切だということです。いかがでしたか?

 

今回はトレンドアフィリエイトでなかなか高収入を得られない原因について考えてきました。当たり前すぎてすぐに忘れてしまいそうですが、行き詰ったら基本に立ち返るべきです。

 

この3つを頭の片隅に常に置きながら記事作りに邁進してください!

 

 

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%82%e3%81%8f%e3%81%98%e3%80%80%e6%96%b0%e6%80%9d%e8%80%83