%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e6%b3%a8%e6%84%8f9

 

ネット上では断片的に散らばる情報を、自分自身が収集しなくてはなりません。人づての情報には鵜呑みにできない信憑性の低いものもあり、情報の量と質は必ずしも比例するものではありません。

 

その点、運営母体で開催されるセミナーは、信憑性はもちろんのこと運営側が求めているコンテンツ作成の微妙なニュアンスも感じ取れるため、積極的に参加して欲しいところです。

 

セミナーではアドセンス広告のクリック率の向上施策や、スマホユーザーに特化したコンテンツ作成といったテーマもありますが、トレンドアフィリエイトの実践者が何よりも抑えておかなくてはならないのが「アドセンスポリシー」であると思っています。

 

そういう私も、アドセンスのトレンドブログ開始して1ヶ月目で広告配信停止を受けています。トレンドアフィリエイトの実践者にとっては、Googleからの警告やペナルティにはひときわ敏感な方も多いはずです。

 

これは一度配信停止を受ければ、瞬時に報酬が止まるという恐怖を体験しなくては、その危機感も伝わらないのかもしれません。

 

アドセンスの権利は一度失うと、二度と手にすることはできません。だからこそトレンドアフィリエイトをビジネスとして実践する者にとっては、その権利を守るためにそのポリシーを熟知しておくことは大切なリスクマネジメントなのです。

 

ポリシー違反のペナルティ

Googleアドセンスは、Googleを介して商品を販売するため、Googleのブランドイメージにも影響するという側面があります。だからこそ、アドセンス広告を設置にはGoogleのポリシーを遵守している、誠実な運営者による健全なサイトである必要があるのです。

 

アドセンス広告の設置許可を申請する際に、ポリシーへの同意を求められますが、決して忘れてはならないことです。アクセスが集まるから、儲かるからといってグレーゾーンに踏み込まないように注意してください。

 

アドセンスポリシーには次のようなことが書かれています。

  • 自分で自分のブログに貼りつけたアドセンス広告をクリックしない。
  • 広告をクリックするよう記事や画像で誘導しない
  • アダルトコンテンツを含むサイトやページに広告設置しない
  • 特定の人物や団体を誹謗中傷するコンテンツを含むページに設置しない
  • 法律上の権利を有さない限り、著作権保護されたコンテンツやサイトに広告を設置しない
  • 虐殺、戦闘シーン、悲惨な事故といった暴力的なコンテンツやサイトに広告を設置しない

上記はほんの一部です。他にも多数のポリシーが存在しますので、必ず一度は目にするようにしてください。

 

Googleアドセンスが作成した動画もあります。次に、万が一ポリシーに違反すると判断された場合、ペナルティを受ける場合があります。即時ペナルティが発動するときもあれば、数日後に発動される場合もあります。

 

ペナルティは2種類あり、警告的な意味合いの1.広告配信の停止と、文字通りアドセンス広告を使ったトレンドアフィリエイトビジネスから一発退場となる2.アカウントの停止があります。

 

私がよく受けていたのは1.広告配信の停止でした。

 

アドセンス広告の配信停止

サイトの一部がポリシーに違反していると判断された場合、そのサイトに設置したアドセンス広告のみ白抜きとなって表示されない状態になります。

 

もちろん、検索ユーザーはクリックすることはできませんので、報酬が発生することはありません。サイトやブログ自体は運営されているので、アクセスは継続してあります。

 

複数のサイトやブログを運営している場合、他のコンテンツに問題がなければアドセンス広告は配信され報酬も発生します。違反が認められたサイトのみ、広告配信を停止されている状態です。そして、違反を修正すれば広告配信を再開してもらうことが可能となります。

 

ただ、長い間放置するとGoogleの印象も悪くなるため、警告を受けたら迅速に対応すべきと言えますね。

 

アカウントの停止

アカウント停止とは、いわゆるレッドカードです。Googleがもっとも懸念するポリシーに違反した場合などに発動されます。

主なアカウント停止の理由は

  • 自己クリック
  • ツールやロボットによるトラフィック稼ぎ
  • サイトのサポートだとしてユーザーを誘導し、広告をクリックさせる行為
  • 紛らわしいページ構成、偶発的なクリックを招くような配置

などが挙げられます。収益を上げるための悪質な行為ですね。

 

アドセンスポリシーのセミナーでは、Googleのポリシーチームのチェック項目として

  • 不正クリックやトラフィック稼ぎ
  • 児童ポルノコンテンツ
  • 同じ違反の再発

といった行為によるアカウント停止の例が紹介されていました。

実際のポリシー違反の事例

ポリシーを熟知しているつもりでも、ほんの小さな見落としで配信停止のペナルティを受けることがあります。それは、ポリシーの規定は抽象的な表現も多く、100%の違反ラインの見極めが困難なためです。

 

トレンドアフィリエイトでありがちなのものは、アダルトコンテンツの違反と著作権侵害のコンテンツ違反です。どこからどこまでをアダルトと呼ぶかは非常に曖昧な部分でもあり、この解釈の違いによるペナルティが後を絶たないのです。

 

例えば、グラビアアイドルの水着写真もアダルト判定となるものがあったり、性行為を示す単語だけでもアダルトと判定されるケースも有ります。

 

著作権の違反は、YouTubeからの転載動画が引き金となるものも多いようです。第三者がテレビ番組を録画し、YouTubeにアップロード。それをダウンロードしてブログに転載すると、違反判定を受けてペナルティを受けた、といったケースも有るようです。

 

他のブログでやっているのを見たから、このくらいはアダルトではない、といった自己判断的な甘い考えは、後のペナルティを産んでしまいます。いざペナルティを受けて広告配信を停止された時のダメージと立ち直るエネルギーを考えると、安易な考えは非常に危険なのです。

 

せっかく報酬が伸び始めた矢先に起きる場合が多いのは、アクセスが急激に伸びれば、「不正はないか」ということでGoogleのチェックが入るからなのです。これをGoogleの「手動ペナルティ」と呼ぶこともあります。

 

あなたがトレンドブログに慣れ、アフィリエイト報酬も徐々に発生し始めたなら、一度自分のブログをくまなくチェックしておいたほうがいいかもしれません。

 

君子危うきに近づかず

 

健全なブログ運営で、胸を張って報酬を受け取りましょう。

 

 

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%82%e3%81%8f%e3%81%98%e3%80%80%e6%96%b0%e6%b3%a8%e6%84%8f