%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e6%b3%a8%e6%84%8f11

 

トレンドアフィリエイト実践者から「手動ペナルティでブログが圏外に消えた」という報告と相談をよく受けます。

 

この全日本Google手動ペナルティ祭りは不定期開催の、検問的な取り締まり強化期間とも言えます。集中的にトレンドアフィリエイトブログがペネルティを受け、中には複数運営のブログ全てが圏外に飛ばされたという方もいたようです。

 

アクセスも伸びてきた矢先にこのペナルティを喰らってしまうと、報酬はもちろん精神的にも大きなダメージとなります。NGワードに気をつけて一生懸命に記事を書いても、なんとも無慈悲に一蹴されるケースが跡を絶ちません。明日は我が身と言わんばかりに、ある日突然やってくるこの手動ペナルティの原因と対策をおさらいし、万全の準備をしておきましょう。

 

手動ペナルティの原因

「価値の無い質の低いコンテンツ」。Googleが忌み嫌うペナルティ発動の代名詞です。この価値の無い質の低いコンテンツについては、定義ページもありますので、頭に叩き込んでおいてください。

 

色々なケースに適用するためだとは思いますが、抽象的な内容にとどめている項目がほとんどですね。だから、ニュアンスを読み取れずにペナルティ発動を受けてしまう初心者が跡を絶たないわけです。

 

内容の低いアフィリエイトサイトの定義

  • 他のサイト、ブログコンテンツをコピーし、独自の見解やサイトの独自性などが見受けられない転載を主としたサイト
  • 他のサイトやブログコンテンツをコピーし、単語を類義する語句に簡易的に置き換えたり、プログラムなどにより自動置き換えさせたり、といった手法などを用い転載されたサイト
  • 独自の見解やユーザー目線でない情報の提供のない、他のサイトのコンテンツフィードをそのまま掲載したサイト
  • 他のサイトの動画、画像などメディア情報をそのまま埋め込んだだけのサイト

 

手動ペナルティは突如として警告無く発動される場合もありますが、メールメッセージでペナルティを通達された後に発動される場合もあります。その場合、「価値の低いコンテンツ」というあの忌々しいレッテルが文面に貼られていますので、すぐにそれと判るはずです。残念ながら、一度このレッテルを貼られると、Googleはそう簡単には制裁解除してくれません。

 

ですが、何の前触れもないわけではありません。傾向というか、トレンドでこのペナルティを受けるブログには疑いようのない共通点が存在するのです。それは、リライトブログであるということです。しかもオリジナリティのない、簡易的なリライトです。

 

以前は通用していたリライトブログも、結局のところ人様の焼き直しにしか過ぎません。ユーザーにとって有益かどうか。進化したGoogleの判断はあっさりとNOでした。

 

模倣の代償

勘のいい人はわかっていますよね。検索結果のタイトルでトレンドブログかどうか。

 

「〇〇不倫 相手は?子供は?即離婚!?」みたいな・・・

 

アイキャッチの良い週刊誌の見出しのようなタイトル。!と?と!?の乱使用。中身はお約束のコピペ記事。おそらくユーザーの直帰率の高いブログも多いのでしょう。

 

膨大な数のウェブサイトが存在する中、Googleエージェント達は目視で手動ペナルティをかけていきます。そこはまさに無双状態(笑)見た目トレンドっぽいブログ、外観やデザインが似たり寄ったりのサイト、よく使われるテンプレートにお決まりのカラムなど、ばっさばっさと圏外へ切り捨てられるのでしょう。

 

もちろんペナルティの原因など詳細は公表されないため、発動の直接の原因は憶測の域を脱しません。他のトレンドアフィリエイターを参考にするはずが、すっかり模倣になってしまっているブログの多いこと。手っ取り早く稼ぐことに取り憑かれて、思考停止状態に陥っているようですが、これを付和雷同というのでしょう。

 

無双と化した呂布の如きGoogleエージェントに、ずっどーんとやられますよ。

 

あなたらしさをブログに!

トレンドブログで生き残るためには、独自性を保つことが何より必要となります。トレンド(流行)は、万人に公平な情報の流れです。その情報を汲み取り、自分の意志と解釈を織り込んでまた流すことで独自性が付加されます。

 

みんなの情報に、みんなが感じているような意見を載せて流すことに、何らの独自性もないのです。

 

独自性の演出方法は、なにも自分の意見を付け加えることだけではありません。サイト運営者を目立たせてもいいでしょう。

 

かの文豪、夏目漱石の名著『吾輩は猫である』。主人公は猫で、猫が見た家族の風景を小説にしたものです。つまり、猫というキャラクターがサイト運営しているようなもので、単なるどこにでもある家族情景(トレンドネタ)が独自性あふれる作品(記事)として語られているのです。

 

今回のペナルティ騒動でも、独自性がしっかりと出ているブログは無傷で、何の異変もなく収益を上げ続けています。むしろ、同じキーワードでも模倣のトレンドブログがいっそうされたことにより、PVも伸びているのではないでしょうか?

 

模倣をやめ、自分の独自性を全面に出したブログを運営するのであれば、1つのキーワードに特化したブログを運営するのも良いかもしれませんね。これらは特化型ブログという名称で広く認知されています。

 

例えば、BABYMETALブログ、嵐ブログ、広瀬すずブログなど、確実に需要のあるキーワードの自分的情報収集録という感じです。

 

今回のペナルティ騒動では、カテゴリーを選ばない500文字そこそこのトレンドブログに多く執行されています。先の特化型ブログに対し、いろんなジャンルの記事をごちゃごちゃに混ぜ込んでいることから、ごちゃまぜブログという名称で認知されています。

 

テーマを特化することにより、情報の質はより濃くなり、ユーザーにとってのあなたのブログの価値はより高まります。また、特化型ブログはすべての記事が関連記事となりうるので、ページごとにリンクを貼ることができます。

 

サイト内の回遊が見込まれる分、滞在時間も伸びると考えられ、直帰率を下げることに繋がると言われています。

 

もしもペナルティが執行されたら

悪質な場合はアカウント停止など、永久追放的な厳罰もあり得ますが、手動ペナルティであれば問題記事を書き直し、Googleに再審査を依頼することもできます。記事に問題がなくなればOK。ペナルティ解除となる運びです。

 

しかし、Googleはどこの記事のどこの部分とは教えてくれません。あくまでも自己判断での修正となります。記事数200オーバーまで育ったブログだと問題箇所を見つけるのも一苦労となります。

 

いっそゼロから作りなおすというのも、懸命な判断かもしれません。ある程度稼ぎ始めたあなたであれば、以前よりもスキルもスピードも格段に上がっているはずですから。再び即効性のあるトレンドブログにオリジナリティを付加してチャレンジするもよし。特化型ブログで、より息の長いユーザーアクセスを狙うもよし。

 

前向きに考えれば、失敗は成功のもと。逆境の度にあなたのスキルは確実に上がることは間違いありません。

 

トレンドアフィリエイトはもう稼げない?

今回のような大規模なペナルティ騒動があると、「トレンドアフィリエイトは終わった。稼げない。」という意見が必ず出てきます。ずばり、そのとおりです。そんな意見を言っている人にとっては。

 

考えても見てください。ネットビジネスは日進月歩。しかもリアルビジネスの何倍も隆盛と衰退のサイクルが高速です。同じやり方が何年間も通用するはずがありません。終わったのは、トレンドアフィリエイトというビジネスモデルではなく、バージョンアップできないトレンドアフィリエイター達なのです。

 

トレンド(流行)がこの世から無くなることはありません。人間が生活している限り、全世界どこであっても「話題が消える」ということはないのです。声をなくし、活字も捨てた人間の世界。想像しただけで恐ろしいですよね。

 

旧来のコピペ主軸のトレンドアフィリエイトでは収入は見込めませんが、自分なりの解釈やユーザーに価値を提供する独自性があれば、トレンドアフィリエイトはまだまだ稼げます。

 

ここで諦めてゲームセットを選ぶか、バージョンアップして再起を図るか、選ぶのは自分自身なのです。ただ、バスケの神、マイケル・ジョーダンはこう言っています。

 

To learn to succeed, you must first learn to fail.
(成功を学ぶためには、まず失敗を学ばねばならない。)

 

さぁ、再起の準備はいいですか!

 

 

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%82%e3%81%8f%e3%81%98%e3%80%80%e6%96%b0%e6%b3%a8%e6%84%8f