%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e6%b3%a8%e6%84%8f5

 

「アクセスが集まらない・・・」

 

これは初心者から中級者へとステップアップする過程で、多くの人がぶつかる壁です。この壁を乗り越えるか、長く停滞してしまうか、不本意ながら挫折してしまうか。これは誰にでも訪れる試練ですので、客観的に自分を俯瞰できるメンタルを養い、しっかり乗り越えていきましょう!

 

アクセスの集まらない主な3つ原因

1. そもそも話題になっていないネタを選んでしまっている

記事にしたネタは話題になっていますか?トレンド(流行)は鮮度が重要です。みんなの興味が薄れた頃にやっと記事が完成するようでは、検索需要のピークは過ぎ去っています。ネタの選び方は市場の目利き同様、一長一短には身につきません。
では、どうすれば身につくのでしたか?ヒントは「答え合わせ」。自分のネタ選択の解答を自分で行うのでしたよね!

2. キーワードの検索需要がない

関連キーワードを含め、検索需要はありますか?キーワードプランナーなどで確認しましょう。ありがちなのは、「ずらし」と自分の思いつきを混同して、独自のキーワードを設定してしまうなどの初歩的なミスです。また、元のニュースと同じようなキーワードを設定してしまうといったミスもありがちです。

 

3. 書いた記事が上位表示されていない

トレンドブログは検索結果の1ページ目、さらに言えば5位以内を目指さなくては大したアクセスは見込めません。上位表示と報酬は密接な相関関係にあります。タイトルは適切につけられていますか?勝手にキーワードの順序を入れ替えていませんか?

 

原因の特定をしましょう

以上がアクセスの集まらない原因のTOP3です。おそらくすべてみなさんは聞いたことのある、脳裏の片隅にある知識ではないでしょうか?大切なのはその知識を知恵に昇華させること。実践に活かすことです。

 

PDCA+Fのサイクルは覚えていますか?トレンドアフィリエイトのネタ選びのやり方・始め方で解説しましたね。

 

Plan(計画)、Do(実行)、Check(確認)、Action(実践)のPDCAサイクルにFeedback(振り返り)を加えたものですね。一通りのPDCAサイクルを進めても、やりっ放しでは成長が遅いのです。Feedbackしていますか?記事にアクセスが集まらなかった理由を検証し、原因を特定しておきましょう。

 

例えば、関連キーワードからアクセスを狙い、上位表示することもできたということであれば、アクセスの集まらない原因は「ネタの選定」に問題があることが判ります。ネタの話題性も関連キーワードの検索需要もあるのに上位表示できないということであれば「タイトルの付け方」に原因がありそうですよね。もちろんライバルチェックはいずれの場合も欠かせません。

 

こうしたFeedbackは次回の記事作成に必ず役立ちます。失敗は成功への近道なのは間違いありませんが、そもそも失敗を認識していなければ話になりませんよね。

 

具体的な改善策

1. ネタの選定に問題あり

ヤフー急上昇のデイリーで話題となりやすいネタの傾向を掴みましょう。ニュースネタであれば1次報道からの経過時間も見てください。ネタは鮮度が大切ですよ。

 

2. キーワードの検索需要の不足

関連キーワードは検索ユーザーが実際に検索しているものです。初心者のうちはずらしななどの連想したキーワードよりも、確実なキーワードとなりますので、積極的に狙っていきましょう。当然ですが、メインキーワードの検索需要そのものが低ければ関連キーワードでの検索数も少なくなります。

 

3. 上位表示されていない

キーワードを選定する際のライバルチェックを怠ってはいませんか?その他には、コピペの記事とみなされ、検索下位に埋もれていませんか?リライトが甘い場合に起こりえますので、今一度記事を見なおしてみましょう。そして、大切なのは、そもそもある程度の記事数がないとブログの強度は育ちません。ネタの報道から早いタイミングでの記事をもう少し増やしてみましょう。

 

トレンドアフィリエイトは、適当な記事の量産で報酬が得られるほど甘い世界ではありません。アクセスを集めるには、上記の3つの原因は全てクリアしていることが最低条件となります。自分に厳しく、ブログの育成を行ってください!

 

 

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%82%e3%81%8f%e3%81%98%e3%80%80%e6%96%b0%e6%b3%a8%e6%84%8f