トレンドアフィリエイトを実践しているなら、Googleアドセンスを活用することが一般的だと思います。そして、グーグルアドセンスはトレンド記事を書いている際は大きな収入源になるかと思います。

 

なので、アドセンスは大事に育てて規約違反をしないように常に気をつけなければなりません。しかし、自分がいくらアドセンスの規約を守っていても、停止になる場合があります。

 

その場合、他の攻撃によってアドセンス停止をもらった可能性があります。これを俗に、アドセンス狩りと言いますが、きちんと対策と防止方法を知っていないと、収入元が断たれる事があるのです。特に、トレンド記事で、収入が上がり、サイト拡大していくにつれて、疎まれ、ライバルサイト等からのアドセンス攻撃を受ける可能性が高まるんですね。

 

なので、この記事では、アドセンス狩りに合わない為の対策と防止方法について説明していきます。

 

アドセンスの異常クリック率

アドセンス広告のクリック率は上手く配置をしても、多くて4パーセントほどです。それに平均的なクリック率でいえば1%前後かと思われます。

 

しかし、これが故意的に複数クリックされた場合、クリック率が二ケタいくことがあります。アドセンスの規約として、故意のクリックは禁止されていますので、グーグルアドセンス側も不審に思ってしまうのです。

 

そして、このように異常を感じたらすぐにグーグルの方に連絡した方がいいかと思います。グーグルアドセンスのシステムとして、同一のIPからの故意的な複数クリックに関しては、見破ることができて、アドセンス停止にはなりにくいとは思いますが、それでも連絡するに越したことはありません。

 

このような、異常なクリック率等の変化は、早めに発見した方が得策なので、アドセンスの管理画面に常に監視をするようにしましょう。

 

アドセンスコードを違反サイトに貼り付ける行為

これは、他の人のアドセンスのコードをソースから取得して、違反行為をしているサイトに、盗んだコードを貼り付ける事行為を指します。この行為により、取られた人は、規約違反とされて、アドセンスの停止をもらってしまう、相当悪質なアドセンス狩りになりますね。

 

この対策方法としては、アドセンスの管理画面にて、「広告の許可とブロック」の「管理」設定から、アドセンス広告を貼るサイトを限定することが出来るのです。

 

そうすることで、入力・登録されたURLのみのアドセンスのコードの設置許可をすることが可能となるのです。

 

もし、入力・登録したURL以外のところ、以外のサイトに貼り付けられた場合、アドセンス管理画面にて報告していくれます。そして、そこで、許可した場合のみ掲載出来るので、もし身に覚えがない場合、不許可した方がいいでしょう。

 

まとめ

 

ここで記載したことは、サイトが多くの人に見られるようになってから起きうる事項になります。なので、サイト拡大が進んでいき、収入も入ってきているなら、アドセンスの管理画面の監視の徹底を心掛けるようにしましょう。

 

後から後悔しても遅いので、早めの行動をしていきましょう。

 

 

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%82%e3%81%8f%e3%81%98%e3%80%80%e6%96%b0%e6%b3%a8%e6%84%8f